実際の体験談をご紹介

約300万の借金を任意整理で解決しました。(女性/40代)

女性/40代

当時の私はまだ20代でしたが、借金が300万円程ありました。

この借金は同棲生活で作ってしまったのですが、相手はそのことを知りません。

家賃はもちろん、日々の生活費や交遊費が足りず、飲食店アルバイトの私の給料では、
毎月の返済をしていくのも難しかったので、返済金のために他から借りることを繰り返していました

どんどん膨れ上がった借金は最終的に5社で約300万でした。

様々なところから借金をし、ついにどこからも借りれなくなった私は
夜も働くことにしましたが、なぜか借金が減らないのです。

結局、外出が多ければ多いほど、飲料代やタバコや食事代といった少額ではありますが、お金を使ってしまうのです。

そして、昼も夜も働きだして3ヶ月もすると、疲れや借金が減らないイライラから
同棲相手とのケンカが増えて、結局、同棲生活を解消することになりました。

一体、何のために今までやってきたのか、どうしてこんな結果になったのかなど色々考えましたが、
そんな時でも借金が膨れ上がっていく現実がありました。

こんな私の状況を知った友人が、任意整理というものを教えてくれました。

まず任意整理とは何か、自分でもできるのか、お金はどのくらいかかるか、
どこを選ぶのがいいのかなど実際に自分で調べてみました。

ただ、いきなり弁護士への相談は敷居が高く感じ、街角相談所-法律-の無料相談サービスを利用しました。

当時の生活環境や経済状況、借金の額や毎月の返済額などを細かく話したところ、
任意整理をした方がいいと言われたので、その場でお願いをしました。

借金がなくなるわけではなく、その後も返済は続きますが、金額の折り合いをつけてくれるとのことで、
アルバイトの私でも払える金額を提示してもらいました。

毎月の返済額が減ったことで、完済する目標が持てたことが嬉しかったですし、
何より借金をしないで生活できることが私にとっての安心感となりました。

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれくらい借金が減額されるかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので便利

その他の体験談

会社や親族にバレない!唯一の借金減額方法である任意整理

自力での借金返済に限界を感じて、あきらめて破産を考えてはいませんか?

借金を無かったことにしたり、免除することはできませんが、
借金総額の減額や利息をなくすことができる任意整理という方法があります。

任意整理は破産とは違い、周りに知られる心配もなく、自分の力で返済を続けていける唯一の方法です。

こちらでは、任意整理について詳しく解説していきます。

任意整理って何?

任意整理は簡単に言うと、金利をカットして決められた年数以内に元本を返済するという和解を
弁護士が間に入って賃金業者と結び、その内容にそって返済を続ける手続きのことです。

取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限に当てはめ、再計算して借金自体を減らすことで目に見えて借金が減ります

また、利息による自転車操業を防ぐことができます。
そして、自己破産や民事再生のデメリットを回避し、自力で返済を続けられる唯一の方法です。

ただし、信用情報に任意整理のデータは最低5年残るため、完済した後も
しばらくは融資を受けることができない可能性が高いというデメリットはあります。

任意整理なら会社や親族にバレない

毎月の返済額のほとんどが元本とは関係のない利息の支払いの状態になってしまうと、
自転車操業のように借金は減らず、支払いのためにまた借りてしまうという悪循環になります。

自力ではどうしようもなくなってしまった時、自己破産や民事再生などの手続きを思い浮かべる方も多いと思いますが、
その場合は社会的な評価や信用にも影響し、周りにも知られてしまうのが最大のデメリットでしょう。

任意整理ならそのデメリットを回避し、誰にも知られずに借金を減額することが可能です。

任意整理のメリット

任意整理を選択する一番のメリットは、周りに知られないことです。

そして、任意整理は弁護士が自分に代わって賃金業者と和解交渉して、
支払いや返済も代行してくれるので、無理なく返済を続けることができます。

また、弁護士との契約時にそれ以上の借入ができないように、
借入を全てストップしてから返済額を確定し、返済手続きを進めます。

そのため、意思の弱い人でもしっかりと借金を返済していくことができるのです。

なお、返済期間が長く、賃金業者を長期間利用していた場合は過払い金がある可能性もあり、
払いすぎた利息分が返還されるかもしれないので、調べてもらいましょう。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、信用情報に任意整理の事実が記載されることにより、
新たな融資や借入、カード作成などが基本的にできないことです。

そのため、支払いが難しくなった場合など借入による返済はできませんので、計画的に資金を使わなければいけません。

また、信用情報の保存期間は最低5年となっているため、完済してから最低5年間は新たな融資を受けることも難しいです。

返済期間が終わり、完済から5年後の情報の保存期間が更新されるとまた融資を受けることはできますが、
和解した賃金業者は個別に任意整理の事実をデータとして保管している可能性もあります。

その場合は利用できないことも多いので覚えておきましょう。

任意整理の費用

任意整理の費用は、依頼する弁護士事務所によって異なります。

基本的には着手金、基本料金、成功報酬(または減額報酬)に分けられます。

着手金とは、賃金業者と和解を始めるにあたり調べたり交渉したりと、
弁護士が業務に着手するにあたって発生する金額のことです。

事務所によりますが、着手金無料の事務所もあります。

基本料金は、任意整理の手続きを行い、返済開始までの作業に対する金額です。

成功報酬や減額報酬は弁護士が賃金業者と和解し、借金の減額に成功した金額や
過払い金として返還された金額の数%を報酬として支払う金額です。

任意整理の費用は上記3つの金額の合計であることがほとんどです。

成功報酬だけの事務所や、費用は一律で固定の事務所まで様々です。

借金を返すのに精いっぱいで費用が払えないという方でも、弁護士へ支払う費用は毎月の返済額に報酬を含んだり、
最初に弁護士へ支払う報酬を分割で払ったりなど、様々な方法を提案してもらえますので安心できます。

任意整理の手続きの進め方

任意整理は弁護士に依頼することで進めることができます。

全国に多くの事務所が存在しますが、どこに依頼すればいいのかわからない方は、
街角相談所-法律-の無料相談サービスを利用するといいでしょう。

借金状況を入力することで、自分にあったいくつかの事務所から入力内容に沿った返答が届き、
その中から自分で依頼したい事務所を検討できるため、スピーディーかつ的確に依頼できます。

具体的な任意整理の進め方は、依頼する事務所が決まったら日時を決め弁護士と面談します。

借金の理由と毎月の返済額、返済年数や毎月の収入と支出など細かくヒアリングし、
毎月どれくらいの金額を無理なく返済にあてられ、何年で返済できるかなど賃金業者との和解内容を決めます。

弁護士費用や毎月の支払額が決まれば、和解交渉をしてもらい、返済金額の確定後に返済がスタートします。

もし、返済中に支払いができなくなったら

和解後、返済ができなくなった時は速やかに弁護士へ連絡をしてください

やむを得ず、仕事を辞めた場合や病気など様々な要因であったとしても、
和解契約内容に相違が出た場合は新たに交渉をする必要があるため、すぐに連絡しましょう。

事務所によりますが、支払いができない期間の交渉、積立金から立て替えてくれたりなど、
臨機応変に対応をしてくれる可能性もあります。

後ろめたさがあったとしても、連絡は必ずした方がいいです。

連絡せずに返済をしない期間が続き、返済が不可と判断された場合は民事再生や自己破産に移行したり、
最悪のケースでは契約破棄となる可能性もありますので、注意してください。

あきらめる前に任意整理を検討しましょう

自分の借金で苦しんでいる方は、自己破産や民事再生の前に任意整理を検討しましょう。

任意整理は第三者の力を借りますが、自分の力で返済を続けて、周りに知られることもない唯一の解決策です。

また、精神的な負担を軽減してくれて、目に見えて借金が減っていくので、
無理なく返済を続けることができるのもメリットです。

任意整理を依頼する場合は、街角相談所-法律-の無料相談など、
最適な事務所を紹介してくれるサービスを利用するのがオススメです。