このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

20代の頃に遊びで重ねた借金が返済できず(男性/30代)

男性/30代

社会人となった20代の頃、自分でお金を稼げるようになって一人暮らしを始めた開放感もあり、
毎晩のように酒や遊びで浪費を重ねてしまいました。

気づけばクレジットカードのキャッシング枠やショッピング枠は常に上限まで埋まっており
、ほぼ毎週末には消費者金融からお金を借りる日々。

クレジットカードも含めた4社からの借金総額は300万円近くになっていました。

そのうち給料が上がれば返せるだろうと思っていましたが、なかなか仕事の方もうまく行かず、
30を越えてからも利子の支払いだけに追われ、元金は減らない状況が続いていました。

同僚や同級生たちが結婚をして家庭を持っていくなか、自分はひたすらお金を返すことだけに囚われ、生活に余裕など持てませんでした。

すっかり疲れ切ってしまい、何か良い方法がないか調べていたとき、街角相談所-法律-で任意整理という手段を知りました。

試しに相談してみたところ、任意整理によって利息がなくなるだけではなく、
債務の総額が100万円近く減ることを知り、弁護士の方に交渉の手続きをしてもらうことを決断しました。

自己破産とは違って借金が0になるわけではありませんでしたが、
裁判所のようなところへの書類手続きもなく、思っていたほど難しいものではありませんでした。

債務者とも無事和解が成立した後は、自分にとって無理のない返済計画を立てることができ、
毎月の支払いも4万円ほどで抑えることができました。

これまでは給料の半分近くを毎月返済に当てていたため、自分にとってはまるで夢のようでした。

もう毎晩のように借金のことで苦しんで悩むことも少なくなり、毎日の生活にも余裕を持てるようになりました。

現在もまだ返済は残っていますが、相談前のように先の見えない状況ではないので、
いまは自分の習慣やお金の使い方を見直しながら、生活を送ることができています。

遠距離恋愛で重ねてしまった債務を相談(男性/20代)

男性/20代

地元の大学を卒業した後、都内でサラリーマンとして働くことになりました。

親はもちろん、学生時代から付き合っている彼女とも離れて暮らすことになり、
いわゆる遠距離恋愛をするようになりました。

毎晩、電話やメールなどで連絡は取り合っていましたが、それだけでは僕も彼女も寂しいと感じるようになり、
僕の方から彼女のところまで、週末の休みを使って会いに行くようにしました。

初めは月に1度ほどでしたが、僕自身も新しい環境になかなか馴染めず、遊びに誘えるような親しい友人をつくることもできなかったため、寂しさや不安が増えていき、依存するように会いに行く回数も段々と増えていきました。

とは言っても、ひとり暮らしの家賃や生活費のこともあって、お金に余裕があるわけではなく、
車も持っていなかったので移動には飛行機や新幹線を利用しなければなりません。

月にかかるお金は10万円近くになり、そのうち消費者金融からお金を借りるようになりました。

負担は大きかったですが、彼女の方からお金を出させるようなことはしたくなく、見栄を張るような形で会いに行くことを続けていました。
そんな生活を5年近く続け、気づけば負債総額は200万円以上になっていました。

こんな状態では結婚を考えることもできないと感じ、街角相談所-法律-で任意整理の相談をしてみることにしました。

収入が安定していたこともあり、無事和解が成立。負債総額が減っただけではなく、
一部の会社からは過払い金を受け取ることもできました。

毎月の返済額も相談前は6万円以上だったものが、3万円に抑えることができました。

現在は無理な移動は控えるようにし、将来のために貯金を積み重ねています。

子どもの学費や仕事の機材費が積み重なってしまい(女性/30代)

女性/30代

26歳のときに結婚をし、主人と一緒に暮らすようになりました。

最初はお互い会社勤めでしたが、子どもを妊娠したことをきっかけに私は退職し、専業主婦となりました。

それでも心のなかでは仕事に対する興味や情熱が残っており、子どもが大きくなってようやく生活が落ち着いた頃、
フリーのデザイナーとして自宅で再び仕事を再開することを決めました。

当時は家を買ったばかりということもあり、主人に頼るのではなく、
仕事に必要なパソコンなどの機材などは自分でローンを組んでなんとか揃えることにしました。

フリーランスなので時間を自由に選べ、私自身も好きな仕事を再び夢中になることができ、
しばらくは順調に充実した生活を送っていましたが、ある日仕事で使っていた機材が壊れてしまうトラブルが起きてしまいました。

機材を購入してからまだ1年ほどしか経っておらず、まだローンも払い終わっていなかったので、本当に予想外の出来事でした。

このままでは収入がなくなってしまうので、仕方なく機材を買い直して仕事を再開しましたが、
債務金額は当然肥大し、毎月の返済額も増えることになりました。

できるだけ請け負う案件を増やすようにはしましたが、それでも家事をやりながら仕事に当てられる時間は限られています。

それまではローンの返済をしながら、残りは子どもの塾代や習い事の費用に当てていたのですが、そんな余裕はなくなってしまいました。

このままでは主人に負担や子どもに不自由な思いをさせてしまうかもしれないと悩んでいたところ、
友人から任意整理のことを教えてもらい、街角相談所-法律-で相談してみることにしました。

私のようなケースでも手続きできるのか不安でしたが、ちゃんと利息分が免除されただけではなく、
月々の返済額もこれまで以上に抑えることができたので助かりました。

任意整理に強い弁護士を探すなら

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

任意整理の手続きはどのようなものですか?

弁護士や行政書士が代理人となり、和解を目指して返済額や返済期間を債権者と交渉していくのが基本的な流れになります。

個人再生や自己破産とは違って債務整理の中では裁判所を通す手続きがなく、
また整理する債務を選べることから任意整理と呼ばれています。

多くは利息が免除され、元金のみの返済を3~5年かけて支払っていきます。

返済が楽になるのはもちろん、債権者からの取り立てや催促がストップするので精神的な負担も、減らすことができます。
また、払い過ぎた利息を取り戻す過払い金請求によって大幅な借金の減額が見込めたり、完済できるケースもあります。

任意整理を行っても、周りにバレることはありませんか?

第三者の家族や会社、知り合いなどに知られる心配はありません。

個人再生や自己破産といった他の債務整理とは違い、整理する借金をこちらで選ぶことができるからです。
連帯保証人がいる場合も、連帯保証人のついた借金を整理しなければ迷惑をかけるリスクは回避できます。

もし無関係の人に知られたくない場合は、手続きの資料などを見られないように注意すれば、特に問題ないでしょう。

大事なのは、その希望を最初に弁護士や司法書士に伝えることです。
メールだけのやり取りにする、電話番号を架空の名前で登録するなどの配慮をして貰えます。

任意整理のデメリットはありますか?

任意整理はあくまでも交渉によって和解を目指し、利息や遅延損害金の減額によって借金を減らすという手続きです。

借金の元本は減額の対象になりません。つまり、借金が全てなくなるわけではないのです。
そして、原則として減額した残りの借金を原則3~5年で返済できる収入がないと、任意整理はできません。

減額される借金も交渉力によって結果が変わります。

手続きが簡単で期間も短くて済む任意整理ですが、個人再生や自己破産の方が借金返済の解決策として有効な場合もあります。
また、債務整理を行うと、5年ほど信用情報に記録が残ります。

クレジットカードの利用・発行、ローンを組むことなどができなくなるので、その点は覚悟しましょう。

CMでよく聞く「過払い金」って何ですか?

貸金業者に本来支払う必要のない、払い過ぎたお金のことです。

利息制限法では、10万円以上100万円未満の借り入れの場合、金利の上限を18%までと定めています。
5年以上の借り入れ期間があり、金利が18%を超えている場合は払いすぎている可能性があります。

2010年の法改正より前は利息制限法に定められた金利を超えるものの、
出資法の上限金利に満たないグレーゾーン金利とも呼ばれる金利帯で貸し出す貸金業者がたくさんありました。

2010年より前に金融業者からお金を借りた方は、過払い金がないか確認してみてください。

過払い金請求の時効は10年です。調べるだけなら無料のところもあるので、確認してみてください。

明細などを紛失していて過払い金があるかどうか、記憶があいまいです。どうしたらいいですか?

司法書士や弁護士に相談してみてください。

無料で相談可能なところもたくさんありますし、無料のシミュレータで計算することもできます。
明細などはあった方が専門家も説明がしやすいですが、借りていた金融業者がどこか分かれば基本的に問題がありません。

忘れてしまった場合も、信用情報の開示請求でどんな契約があったのかを調べることができます。

また、依頼された司法書士や弁護士が、金融業者に対して取引履歴の開示を求めるので、契約内容も把握できます。
ただ、場合によっては全ての取引履歴が開示されないこともあります。

そうしたときに請求漏れがないようにする意味で契約書や明細書は役に立ちます。

特にいつから取り引きが始まったのかを示す資料は、できるだけ取っておくようにしましょう。

過払い金はなぜ請求しないと戻ってこないのですか?

法律で定められた権利ではないからです。

2006年の最高裁判所の判例によって、過払い金を請求する権利が認められるようになりました。
しかしこれは請求する権利であり、黙っていてもお金は戻ってこないのです。

原則として権利を行使して請求しないと、お金は戻ってきません。

そして、その権利は最後の取り引きから10年が過ぎてしまうと、時効で消えてしまいます。

金融業者が会社更生や破産などの法的整理を行ったときや、示談によって返金したケースもありますが、
専門家に依頼して取り戻すよりも低い金額を提示されるケースがほとんどです。

適正な過払い金の額を把握して、請求を検討してみてください。

任意整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼したら良いですか?

まず借金の額、過払い金が債権者(貸金業者)1社につき140万円を超える場合は弁護士しか対応できません。

1社につき140万円以下の場合、司法書士でも依頼を引き受けてくれます。
ただし、交渉および訴訟の代理人を務められる司法書士は、認定司法書士に限られます。

また、第一審で判決が確定しなかった場合、認定司法書士でも代理人は務められません。

これは認定司法書士が代理人を務められるのが、簡易裁判所までという制限があるからです。
第二審以降は地方裁判所以上で裁判が行われるため、代理人として出廷できないのです。

一般的に過払い金の請求は第一審で決着しますが、経営状態の悪い業者などは控訴する可能性もあります。

複数の専門家を比較し、自分に合った専門家を探してみてください。

任意整理にかかる費用はどれくらいですか?

債権者数が1社なら、3万円くらいから依頼できます。

任意整理でかかる費用の内訳は着手金、成功報酬(基本報酬)、減額報酬、過払い金返還成功報酬の4つです。
着手金、成功報酬、減額成功報酬については、無料にしているところもあります。

着手金、成功報酬(基本報酬)は1社につき2万円程度を目安にしてください。

減額報酬は、減額できた金額の1割程度です。
そして、過払い金請求をした場合は回収できた金額の20~25%が過払い金返還成功報酬として、請求されます。

日本司法書士会連合会では、任意整理の依頼を受けた場合は債権者1社につき、
定額5万円を超える請求をしたり受け取ってはいけないと規定していて、費用が低めになっているところもあります。

任意整理は自力で行うことはできますか?

可能ですが、おすすめできません。自己破産や個人再生とは違い、任意整理は裁判所とのやりとりを必要としない手続きです。

厳密に言えば、法的な手続きではありません。なので、法律の知識があって手順を理解しているなら、自分で行うことも可能です。
しかし任意整理は債権者と交渉して、返済の負担を減らして貰わなければなりません。

任意での話し合いなので、債権者がこちらの要請に応える義務がないという高いハードルがあります。

もし話し合いに応じて貰えても、相手は金融のプロなので、簡単に丸め込まれてしまう可能性すらあります。
債権者が複数の場合だと、負担はさらに増します。もし自力で手続きをするなら、特定調停という方法もあります。

特定調停とは何ですか?

裁判所の調停委員に間に入って貰い、債務者本人が債権者と交渉して利息を減額したり、
これからの利息をカットして貰い、3~5年で返済するという手続きです。

仕組みは任意整理に似ています。調停委員が間に入るため、直接お金を借りた金融機関と交渉する必要はありません。

申立をした段階で取り立てがストップします。
費用が安く抑えられるのがメリットですが、本人が手続きを行うので自由な時間がなければ、難しいでしょう。

他の債務整理と違い、借金の免除もありません。

利息制限法に基づいた金利の引き直しの範囲での減額に留まり、過払い金の請求ができないのも注意点です。
また、債務整理なので信用機関に記録が残ります。

自由な時間があり、費用をかけずに利息がカットできれば良いという方にはおすすめです。

任意整理をしたら、妻のクレジットカードも使えなくなりますか?

契約する際に夫を主たる収入者としてクレジットカードを作った場合は、家族カードも含めてクレジットカードの使用ができなくなります。

しかし妻に収入があり、自分自身を主たる収入者として契約していれば、問題なく使えます。
同様に収入のある妻は、クレジットカードを新規発行することも可能です。

また、本カードの契約者が妻で債務整理をした配偶者が家族カードを使っているケースだと、
本カード契約者の信用情報や支払い能力に問題がなければ、すぐに使えなくなる可能性は低いです。

ただし、契約更新の際に与信判断が再度行われた場合、家族カードに制限がかかる可能性があります。

債務整理を行うと、家族もお金を借りられなくなりますか?

ローンが組めない、クレジットカードを使えない、キャッシングを使えないといったデメリットは、債務整理をした本人に発生します。

家族は第三者なので、普通にお金を借りることができます。
ただ、債務整理者が家族の保証人となってお金を借りる場合は、断られるでしょう。

たとえば子供が奨学金を受け取るとき、債務整理をした親は連帯保証人として認められません。

連帯保証人には配偶者か同居している親、社会人になっている家族などにお願いしましょう。
債務整理による家族への影響はあまりありませんが、債務整理者本人は連帯保証人になれないということを覚えておいてください。

生活保護を受けているのですが、任意整理はできますか?

生活保護を受けていても、任意整理は可能です。

生活を安定させるための生活保護費を、借金の返済に使うのは許されないと考える人もいますが、給付金の使途は法律上の制限がありません。
なので、法令や理論上では問題はないという声もあります。

ただし、借金の返済に給付金を使うことで、生活保護の給付が打ち切られる可能性があります。

不正受給問題で役所のチェックは厳しくなり、世間の目も同様に厳しくなっています。
自己破産で借金をなくし、生活保護の受給を続けるという方法もあるので、弁護士などに相談してみてください。

月々の返済額が少なくて、自己破産が難しいような特例のケースでは、任意整理という選択をすすめられることがあるかもしれません。

任意整理は必ず成功しますか?

和解に前向きな債権者が多いですが、場合によっては失敗することもあります。

理由としては、債権者との和解が上手くいかなかったか、和解後の返済が滞ってしまったなどが挙げられます。
和解が上手く行かないケースは、債務者側の和解案が債権者側にとって理不尽な内容であることがほとんどです。

任意整理は、整理する対象の債権者全てが和解に応じることを前提に交渉します。

もし1社でも和解に応じなければ、上手くいかないことも考えられます。
また、和解後に職を失うなどの理由で返済が滞って失敗するのもよくあるケースです。

任意整理に失敗した場合は、個人再生や自己破産の手続きに移るのが一般的です。

弁護士や司法書士に依頼するときは、リスクについても相談しましょう。

このページの先頭へ